ボクのために戦って負けて犯されて!?



 強い女が犯されるエロRPGです。

 このゲームの面白いところは、戦闘コマンドがヒロインの足を引っ張るために存在することですね。




 『あなたが戦闘中に選べる行動は「見守る」「妨害」「アイテム」のみ』




 どういうことかというと・・・・・。


 @ まず主人公の少年は女騎士や剣士などのヒロインを護衛として雇います。

 街中には護衛として雇うことが可能な女の子がいます。
 話しかけて雇ってから町の外へ出かける仕様です。

 A 護衛に守られながら出かけていき、途中でモヒカンの盗賊に襲ってもらいます。

 そうです。主人公少年と盗賊は初めから手を組んでいるわけです。
 少年が護衛ヒロインを連れてくることを予め折込済みで襲いに現れるのです。

 B コマンド選択で戦いの邪魔をして、ヒロインを敗北に導きます。

 よろけるコマンドを使って、わざわざよろけて戦いを妨害したり、
「右・・・いや、左!」みたいなことを叫んで邪魔したりです。
 そうやって、わざとヒロインの足を引っ張り、敗北に導く仕様です。


 つまり、女の子自身はわざと負けているわけではありません。


 エロRPGでは、敗北Hを見やすくするため、自滅スキルやアイテムが登場する作品もありますが、
 このゲームの場合はもっと本当の意味できちんと敗北といいますか。
 女の子の行動、戦闘スキルを選択するわけではないので、

 それだけに「この子はわざと負けたわけじゃないんだ」という実感が強くなります。

 プレイヤーが自滅アイテム・スキルを選ぶわけではない。

 あくまで、男視点から足を引っ張るだけ。

 だからこそ、そういう実感が強まりました。



 さらにまとめると・・・・



 ・エッチイベントには羞恥心を煽る台詞やシーンもあります。

 ・女の子は自分が初めから罠にかけられているとは知らないので、護衛を守りきれなくて悔しいと思っています。

 ・悔しくなりながら犯されてくれます。




 DMMやDLsiteでの紹介文では、

【こういうのが好きな方にオススメしたい】
・敗北Hに燃える。だからこそ、わざと負けるのはちょっと…。
・人質を盾にHを強要。
・屈辱・恥辱、悔しさのあまり涙目、とか。
・エロい子をエロい目に遭わせるより、真面目で高潔な子を陵辱する方が燃える。
・一風変わったRPGがやりたい。



 とありますが、その通りです。

 とっても、最高でした。



戻る
黒塚工房
inserted by FC2 system