〈失禁・潮吹き・ハメ潮〉測定によるオーガズム研究科



 CMNF作品です。


 タイトルにもオーガズム研究とある通り、挿入シーンもありますが、
 しかし確実に羞恥やCMNFを好む人に響くであろう構成で作られています。



 まず、この作品は三つのステップに分かれているのです。




 @性に関する意識調査・面談





 A写真撮影





 Bオーガズムの研究測定





 面談では初潮の時期や初めてのセックスについて質問し、初体験の相手とはどこでどのようなプレイをしたか。その時の痛み・快感はどうであったか。といったように、性行為にまつわることを詳しく聞きだし、女性はそれらの質問に答えていきます。生理周期、セックスの好きな体位、セックスの頻度や経験人数など、かなり詳しい面談シーンになっているので、話の内容はH関係でありながら、とても調査らしさがあります。

 裏を返せば、面談シーンは本当に喋っているだけなので、この時点では裸は一切ありません。



 写真撮影の直前になると、まずは服を脱いで全裸になるシーンから入ります。

 女性はこの時からCMNFに、自分だけが裸という状況の陥り、そんな中でカメラを向けられ、胸・尻・アソコの全てにフラッシュを焚かれるのです。





 そして、研究の名の下に全身をさわさわしていきます。



 やる方に他意はなく、本当に研究目的のために愛撫を施しているのです。しかし、その研究内容がオーガズムである以上は乳房や陰部への刺激を欠かすことは出来ず、しかも資料を残すためにビデオカメラを手にした研究員までもが立っています。

 ひとしきり女性を感じさせ、最後には挿入を行うといった構成で通されています。



戻る
黒塚工房
inserted by FC2 system