看護学校の実習で全裸にされ、オマ○コやお尻の穴まで男子に拭 かれた私



 サディスティックヴィレッジの羞恥系作品。

 今回は看護学校が舞台のようですね。


   


 心臓マッサージ、人工呼吸について丁寧に説明を開始。
 これはもう、完全に真面目な授業の雰囲気しかありませんねえ・・・。




   


 ああ、やんなきゃいけないんだな。
 って顔をして人工呼吸。




   


 患者はストレッチャーに寝ているため、このように馬乗りになる必要があります。
 心臓マッサージでは体重をかける必要もあるので、これが適切だそうですよ。
 ネタなのか本当なのかは知識がないのでわかりませんが。




     


 男性四人の視線に囲まれながら、心臓へリズムよく体重をかけていきます。
 その措置の光景は、言うまでもなく擬似騎乗位。




     


 この尻の下で、きっと勃起していることでしょう。
 股が接触するたびに、女性はその硬さを感じることになるはずです。
 あくまで実習。
 患者役は寝たフリなのですから。




     


 是非とも、この患者役と変わりたいですね。
 この右側の男とか、羨ましがっているように見えてくる。




     

 「女子の諸君はみんな着衣を脱ぐように」
 「え? 何故ですか」
 「女子は乳房があるだろ?
 だから心臓の位置がわかりずらかったり、
 あとは呼吸するときの胸の動きがわかりずらかったりするから」


 男性講師はさも真面目に返答しますが、
 背後にいる男子学生らは、
「おー。なるほどー」  と。
 明らかに女が脱ぐのを喜ぶ反応をしています。

 そうです。説明している側は真面目に語ってみえます。
 反応する無粋な男子諸君が、あからさまに喜んでいるのです。




     


 「水野さんの人工呼吸は誰がされますか?」
 「ハイハイハイハイ!」「はい!」「はい!」

 みんなが一斉に勢い良く名乗りをあげ、一生懸命挙手します。
 舞台は大学なんでしょうが、男子のノリが完全にバカ高校。




 


 上の方で男が患者役をやっていた構図を男女逆転した結果。

 真面目な授業なのに・・・。

 女性が脱ぐことにテンションを上げ、はしゃいだサルのように騒ぐ男にこうされちゃう。




 


 当然、嫌がった顔にもなりますね。

 男子がテンション高いのに対し、女の子はだいぶ大人しいです。
 授業だから仕方なく受けているけど、すごく嫌な目に遭っている表情をしています。




   


 お尻丸出しなんて、ただでさえ恥ずかしいのに・・・・・・。
 授業中にふざけているノリの男達の前でなんて、ますます恥ずかしいに違いない。







 わざわざ、みんなの見ている前でパンツを脱ぐことに。
 女の子達は物凄く静かです。
 背後に男を感じながら脱ぐ気持ちは、果たしてどんなものでしょう。




   


  一人ずつお尻を突き出して・・・・・。








 順番にこういう目に遭っていくなんて。
 奴隷の出荷や処刑の順番待ちの気分に違いありません。




    




 この苦悶めいた表情も、全て「恥ずかしさ」からなるものに違いありません。


 そして、こんな目にあった女の子に対して・・・・・・。



 まるで教師が生徒に言い聞かせるかのように、説教めいた指導口調で言うのです。


    


 「どうでしたか? 恥ずかしいって気持ちが一番最初にたったでしょ?」
 「患者さんだって恥ずかしいんです」
 「だけど処置でね。しっかり行っていかなければいけないことですから」
 「しっかりそれを自分が知った上で、患者様に伝えていきましょう」
 「よろしいですか? 返事が小さいよ」


 何も悪いことなんてしていないのに。
 怒られた生徒のようにしゅんとしている。
 返事の「はい」が小さいと、注意までされてしまう。




   


 裸で並べられ、体を拭いてあげる実習の練習台に。




   

 これも看護措置の一つです。




   

 入浴介護の実習。




 合計四時間ほどの長さになりますが、後半には本番有り。
 といっても、ほぼ本編とは切り離されたオマケですね。






戻る
黒塚工房
inserted by FC2 system