羞恥!新卒内定者入社前健康診断



    

  検査着の中はショーツ一枚という格好を強要

  男女混合でそれは非常に気になるため、当然「え?」ってなる。
  気になって気になって、つい尋ね返していた。

 「あのぅ、ブラジャー外すんですか?」
 「はい。外しますよ?」

  ものすごーくケロっと答える。


    

  みんな内心、そんなのは嫌だと思っている。
  どこか明るさのない着替えに・・・・。

  ストッキングを脱ぐ際は、みんな一旦タイトスカートを持ち上げるから、
  一瞬だけストッキング越しのショーツが見えるのがとても良かった。
  そして、黒いストッキングが剥けていき、生足が露出する瞬間のたまらなさがある。
  着替えシーンの収録はグッド。

  その次のシーンでは看護婦が検査着の中身をチェック。
  みんながきちんとブラジャーを外しているかの確認となる。
  約二名が、ブラジャーを付けたまま来てしまっていた。

    

  こんな人の通る場所で、ブラジャーを外すことを強要されてしまうことに。

 「安部乃さん。結構可愛いブラジャーしてますね」
 「そんなので検診に来たんですか」

  羞恥を煽る言葉をかけられ、元気のない顔になっていく一同。




    

  身体測定の場にも普通に男が。

  まずはバストとウェストのために上を脱がされ、
  ヒップを測るためにショーツまで下げられてしまう。

    

  男の視線のある中で見える尻がたまらない。




    

  検尿のためのオシッコシーン。




    

  レントゲンでも全裸にさせられボディタッチ。
  この辺を押し当てて、もうちょっとこの辺を!
  みたいにオッパイに触れたり尻に触れたり。

   
   
   

 「ここ!ここ大事だから!」

  

 というシーンは、アングル的に男の手が見えにくいのが残念
 叩かれてプルプルいっている尻が見えればよかったのに・・・。
 もっとも、パンパン音が聞こえてきて、表情を変える女性はたまらない。


    

 次の人が待ってるから、忙しいから、外で着替えてね?
 という可哀想な扱い。
 男全員の視線が着替えをジロジロ見ているのが良かった。




    

 乳がん検診ではこの状態で待たされる。

    
    

 ちゃんと調べてる感のある手つきは嬉しい。
 しかも、医師に背中を向けるせいで揉まれる胸が外から丸見え。




    
    

 ギョウチュウ検査は乳がん後。



    
    

 そのまま肛門を広げて肛門診察。



    

 1:46:50過ぎにあるお尻を叩くシーンも、黒塚的にはかなりツボだった。

 「わかりました」→ パン! →「はい。検査は以上でおしまいですよ」

 じっと下を向いたまま出て行く姿もたまらない。




    

 心電図。衝立こそあるものの、普通に隣から見えちゃう・・・・。

    

 隣に女性の方がいるのに男が裸を拝むのも、羞恥を煽っていますねぇ。



    

 性器検診では男の見学者がいっぱい(笑)
 視線の中でショーツを取られ、股を開く気持ちといったらないでしょうね。

    

 「健康ですねぇ?」
 と言いながら、指に絡んだ分泌液を本人に見せつける。



    



 あとは個人検診で一人ずつまた性器などを調べつつ、そこで本番シーン。

 いつも通り、なかなかのものでした。



  DMM


戻る
黒塚工房
inserted by FC2 system