全裸登校学園



全裸登校訓練 」の続編にあたる内容で、訓練を終えた主人公&ヒロインはいよいよ全裸登校の本番を迎えるという内容です。

設定上、ヒロインやその他クラスメイトは常時全裸で、一枚ずつ脱いでいき……という楽しみこそありません。

しかし、今まで普通に生活していたはずの女の子が全裸登校という習慣に参加するといった楽しみがあるのです。

前作で「訓練」こそ受けてはいるものの、ヒロイン・檜生原雫はそんなおかしな習慣などない普通の地域で生まれました。 元から全裸登校のある地域に生まれ、それを当たり前に思ってきた他の女の子達とは違い、檜生原は普通の子なのです。

「どうして平気でいられるの?」
「恥ずかしくないのかしら」

といった気持ちを抱きつつ、各Hイベントで恥ずかしがる。

そんな檜生原の様子を見ていくのが楽しい作品です。

個人的に良かったと思うのは、サブヒロインの朝比奈あかりの存在です。

朝比奈あかりは元からその地域で育った女の子なので、全裸登校という行事には疑問を抱いておりません。 裸でいること自体に恥じらいはなく、普通に元気に振舞っているのです。

そんなあかりの存在が檜生原との対比になり、檜生原の恥じらいが伝わってくるのです。

で、恥じらいのないあかりですが。 でもやっぱり女の子で、おじさん達に囲まれ全裸品評をされるシーンではさすがに困った顔をする。 一見羞恥もなにも感じなさそうな子がさすがに恥らう、というのがまた乙でした。

そういうシーンがもっとあればよかったのに・・・(少ないです)

だけど檜生原雫が可愛いです。

とっても、可愛いです。



戻る
黒塚工房
inserted by FC2 system