恥辱アイドル咲希はるか/b>



 今までに比べると肉棒の出番が多かったように思います。

 もちろん羞恥作品でした。

・下着プロデュースのため、大勢に男性に囲まれて、全裸をくまなく採寸される。
・身体検査で尻の穴に指を挿入される。
・全裸オークションに出品される。

 他にもイベント内容はアイドル設定を生かしたもので、なかなか良かったものですが……。

 ちょっと本番回数が・・・・・・・

 一見、肌を出す羽目になって恥ずかしいだけで済みそうなイベントでも、例えば裸を変わらないじゃないかという民族衣装を着ることになる時も、それじゃあ服の雑音が入るから下着姿になれと言われるラジオ出演の時も、最終的に肉棒が登場するのが何ともいえない気持ちでした。

 羞恥作品はやっぱり、あまり肉棒は出さない方がよいのでは?

 と、思っている黒塚です。

 セックスはあくまでセックス

 それは羞恥ではないと思う黒塚なので、個人的には過去作の方が好きでした。

 特に「 優良健康生徒審査会の記録」は本番一切無しで終わります。

 とはいえ、クイズのイベントはとてもよかったと思います。

 不正解で脱衣というルールで、下ネタ的な問題を振られて下品な単語を口にする羽目に。

 例えば「Hになるほど硬くなるものは?(A:えんぴつ)」みたいな引っかけ問題を一度は聞いたことがあるかと思いますが、そういう下ネタ引っかけのせいで、せっかく勇気を出して、頑張って淫語を声に出したというのに、不正解になってしまう悲しさ・・・・・・・。

 黒塚の中では、あの時の咲希はるかが一番可愛かったと思います。





戻る
黒塚工房
inserted by FC2 system